1. HOME
  2. アクセス
  3. サイトマップ

イベント情報

少彦名神社例祭(神農祭)に大阪家庭薬協会(日本家庭薬協会共催)が参加いたしました。

  • 薬の神様を祀る大阪市中央区道修町の 少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)で11月22日(火)~23日(水・祝)、無病息災を祈願する「神農祭」があり、縁起物の「張り子の虎」がついた笹を求める参拝者6万人(主催者発表)で賑わった。

    神農祭は江戸時代に疫病(コレラ)が流行した際、薬種問屋が虎の頭骨を砕いて丸薬を作り、張り子の虎とともに神前に供えたのが始まりという。

  • 神農祭の様子
ゆるキャラ”14体登場

CMなどでおなじみの会員会社のキャラクターたちは神農祭の人気者。
恒例のパレードでは多くの人がつめかけ、握手をしたり一緒に写真を撮ったりして楽しんでいました。

  • 神農祭ポスター
  • キャラクター大集合の様子
  • キャラクター大集合の様子
  • キャラクター大集合の様子

●大阪家庭薬協会 会員会社の“ゆるキャラ”6社 8体

  • 仁丹王子®(森下仁丹)▲仁丹王子®
    (森下仁丹)
  • 正露丸くん(大幸薬品)▲正露丸くん
    (大幸薬品)
  • 糖衣Aちゃん(大幸薬品)▲糖衣Aちゃん
    (大幸薬品)
  • ロッチーちゃん(ロート製薬)▲ロッチーちゃん
    (ロート製薬)
  • ロッ太くん(ロート製薬)▲ロッ太くん
    (ロート製薬)
  • 熱さまくん(小林製薬)▲熱さまくん
    (小林製薬)
  • カイゲンの風神さん(カイゲンファーマ)▲カイゲンの風神さん
    (カイゲンファーマ)
  • 打破山 眠太郎(常盤薬品工業)▲打破山 眠太郎
    (常盤薬品工業)

その他の“ゆるキャラ”6社 6体

  • もずやん(大阪府)▲もずやん
    (大阪府)
  • 神農さま(インクロム株式会社)▲神農さま
    (インクロム株式会社)
  • シンヤくん(日本新薬株式会社)▲シンヤくん
    (日本新薬株式会社)
  • たなみん(田辺三菱製薬株式会社)▲たなみん
    (田辺三菱製薬株式会社)
  • テクノくん(大阪科学技術館)▲テクノくん
    (大阪科学技術館)
  • マツタロウ(荒川化学⼯業株式会社)▲マツタロウ
    (荒川化学⼯業株式会社)
道修町文化講演会
  • 11月22日(火)13:30~15:30

    主催:
    道修町資料保存会、少彦名神社薬祖講
    協賛:
    大阪家庭薬協会、堺筋アメニティ・ソサエティ
    後援:
    大阪市、大阪市教育委員会、大阪商工会議所
    演題・講師:
    磯野正幸氏  ワダカルシウム製薬(株) 執行役員
    「カルシウムの生体内での機能について」
    青木保彦氏  奥田製薬(株) 薬剤師
    「誰にも判ってもらえない耳鳴り・めまい」
    参加人数:
    106名  参加年代(42歳~89歳)
  • 道修町文化講演会
神農祭に合わせた“くすりの道修町資料館”の展示

11月22日(火)~23日(水・祝)の神農祭(少彦名神社例大祭)に合わせて伝統薬をテーマにして、資料館の展示を行った。

※北多摩薬剤師会 会長 平井 有先生のコレクション

●伝統薬:胃腸薬の看板と製品を展示

  • 3階資料館の写真その4
  • 3階資料館の写真その5
  • 3階資料館の写真その6
少彦名神社への献薬と社会福祉法人 産経新聞厚生文化事業団への寄付

●献薬状況

参加会員会社 27社 65品目を献薬。

献薬状況その1

●社会福祉法人 産経新聞厚生文化事業団への寄付

11月29日(火)に理事長 佐藤氏と専務理事 三宅氏に面談し、会員会社の献薬品(27社65品目:532個)を駒村会長から事業団に寄付した。

社会福祉法人 産経新聞厚生文化事業団への寄付

道修町文化講演会

神農祭(少彦名神社例大祭)に来られた参拝者の中から“くすりの道修町資料館”の見学者3,150人のうち先着順に健康応援袋を配布した。

●配布状況

日本家庭薬協会の会員会社の販促品入り(参加会員会社20社22品目)
「健康応援袋」は400袋配布。袋のみは1400枚配布。袋の色:黄色 商品ロゴは白色

  • 健康応援袋
  • 健康応援袋

●日本家庭薬協会・大阪家庭薬協会の会長も駆けつけてくださいました。

日本家庭薬協会・大阪家庭薬協会、両会長左:日本家庭薬協会会長 大幸薬品株式会社代表取締役会長 柴田 仁氏
右:大阪家庭薬協会会長 森下仁丹株式会社代表取締役社長 駒村 純一氏

“神農祭の様子を動画で再生する
神農祭に合わせた参道展示

神農祭(少彦名神社例大祭)に来られた参拝者6万人(主催者発表)に日本家庭薬協会の会員会社の製品を見ていただくことを目的にして、参道展示を行った。
また、少彦名神社に来られる中国・台湾・タイの旅行者を意識して中国語やタイ語のボード(日本的神薬)を設置した。

●中国語(簡体語・繁体語)タイ語のボードと会員会社の製品

神農祭に合わせた参道展示

会員会社の参加状況

32社73商品 (五十音順)

株式会社浅田飴、株式会社アラクス、イチジク製薬株式会社、株式会社太田胃散、奥田製薬株式会社、株式会社奥田又右衛門膏本舗、カイゲンファーマ株式会社、救心製薬株式会社、小林製薬株式会社、株式会社阪本漢法製薬、参天製薬株式会社、白石薬品株式会社、翠松堂製薬株式会社、ゼネル薬品工業株式会社、大幸薬品株式会社、株式会社立石春洋堂、田村薬品工業株式会社、丹平製薬株式会社、株式会社東京甲子社、株式会社トキワ漢方製薬、常盤薬品工業株式会社、原沢製薬工業株式会社、久光製薬株式会社、樋屋製薬株式会社、摩耶堂製薬株式会社、森下仁丹株式会社、ユースキン製薬株式会社、横山製薬株式会社、株式会社龍角散、ロート製薬株式会社、株式会社和歌の浦井本薬房、ワダカルシウム製薬株式会社

ページトップへ戻る
前のページに戻る

関連団体 日本家庭薬協会 東京都家庭薬工業協同組合