1. HOME
  2. アクセス
  3. サイトマップ

大阪家庭薬協会

一般用医薬品(家庭薬)の販売制度について

2009年6月1日、お客様により安全にお使いいただくため、販売方法が変わりました。薬局・薬店の店頭において、一般用医薬品(家庭薬)を分類ごとに分けて陳列しますが、お薬の成分・分量、用法・用量、効能・効果は今までと変わりません。

■ 医薬品の含有する成分を、副作用、相互作用(飲み合わせ)、使用方法の難しさ等の項目で評価し、3つのグループに分類します。

第1類医薬品
一般用医薬品としての使用経験が少ないものや副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するもの。
第2類医薬品
副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。またこの中で、特に注意を要するものを指定第2類医薬品とする。
第3類医薬品
副作用、相互作用などの項目で安全性上、多少注意を要するもの。

■ 各分類ごとに、薬剤師または登録販売者が、情報提供や相談対応をします。

医薬品分類 対応する専門家 情報提供 相談対応
第1類医薬品 薬剤師 文書での情報提供(義務) 義務
第2類医薬品 薬剤師または、登録販売者 努力義務
第3類医薬品 法律上の規定無し

※ 商品パッケージ等に分類表示されます。

パッケージの表示

ページトップへ戻る

関連団体 全国家庭薬協議会 東京都家庭薬工業協同組合